ピンクコンパニオンに気を使う

ピンクコンパニオン宴会をお金を支払って楽しんでいるのに、人によってはピンクコンパニオンに気を使っている人もいるといわれてます。

これはもったいないですよね。

高いお金を払って楽しんでいるのですから、自分は客だということで気を使う必要などはないのです。

何を気を使う必要があるのでしょうか。

ピンクコンパニオンはお金をもらって宴会を盛り上げることが仕事ですから、盛り上がるようにしてもらっているので・・・と気を使う人がいますがそれはまったく気を使う必要はないことなのです。

ピンクコンパニオンも盛り上がってくれたら楽しいですから、それだけで十分で気を使ってもらう必要はないと考えているはずです。

プロの中でも恥ずかしいと思ってやっているコンパニオンもいるかも知れません。

脱ぐのに躊躇して恥ずかしがっている人を見ると気を使ってしまうかもしれませんが、でもお金を払っているということを忘れないで堂々と見ればいいのです。

一次会ではペースがつかめなくて遠慮をしてしまってあまり楽しめなかったというのなら、二次会も延長をしてもらって次こそは気を使わなくてもいいように思いっきりはじけてピンクコンパニオン宴会を利用すればいいのです。